読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

201501210349

3月から、4月に5月にずるずるとひきずったウネコン。
観るたびにウネはわたしにたくさんのものをくれました。

今観てもこれは何にもかえがたい素晴らしいコンテンツだと思って感動というとなんだか薄っぺらい表現になってしまいますが、そんなふうな感情を抱いています。


各挙動腕を出すタイミング、ひじを曲げる角度、指先の伸び方、顔の向きからその顔の表情、膝の角度、衣装の翻り方全部を食い入るように見つめるわたしはさぞきもちわるかろうが、日常ほかのなにをしている時よりも頭がしあわせでいっぱいになるような気がします。
 
きょうDVDをみて気づいたことがあるのですが、この公演のイドンヘはギラギラしていてとても良い。
ふとした表情が最高にセクシーです。
わたしがいつも言っている韓国で観るドンヘに近くて、もしかしたらそれよりも気持ちが強く入ってるかもしれない。
良いです。とても。


わたしは体調が悪化してきましたが、


だいすきなワンダーランドを観ながらドンヘって、ドンヘって、ほんとうに、こわいなあ、とか思いながら、そのあとすぐウニョギの魅力に打ちひしがれながら、一体何なんだこの2人、とかいう。
わたしにとってやっぱりかけがえのない2人だなあ、と、思う。


不調なもんで文章が支離滅裂ですがおゆるしください。
もう話す時も言葉がつまります。頭が回りません。どさくさにまぎれて弱音はいてます、ちょっとだけ。
でもそんなのもこんなのもぜんぶぜんぶドンヘ見てたらもっとがんばろうって思える、この人やっぱりすごいなって思う、思いっぱなし。


さっきからわたし、あくびしすぎてなみだぼろっぼろ流してるけど、やっぱりドンヘってすごいよ。
ぼくがどうおもってるかはみなさんにはわかりません。みなさんがどうおもってるかもぼくには死ぬまでわかりません。
すごいよな。ふつう言われへんで。ふつう嘘つくやん。わかりません。だから愛を言葉で伝えあいましょう、やで。みんなもっと心できいて、ドンヘの言葉。

それで、ずっとみたかったウニョクの「君にありがとうって伝えたかったんだよ」、こっちが頬赤らめかけるレベルのこっ恥ずかしさやったわ。

ウネっていいな、ああ、ウネって、最高やな。
しあわせしかないのです。2人を見ていると。
大切な2人。わたしたちの大切な2人。