読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

201504052048

ウネコン始まりました。
初日の感想書けないまま、3日目入ってしまいました。
言葉が出てこなくてただちょきわのせいでまだ頭が痛く、酸素が回っていないわたしです。

3日目、良いライブすぎて気持ちが追いついていません。
何と言っていいのかわかりません。

でも無理やりにでもきょう書いてしまいたい。書いてしまわせてください。
こんなパワフルなライブができるような力が2人にあったんやということをきょうはじめて知りました。
2人とも最初から最後まで全力疾走でした。
頭フル回転でした。
内容については後で述べるとして少しただの感想を書かせてください。感想っていうかごめん、なんか突然ドンヘのキモヲタになってる、わたし。じつは突然でもないんやけど。

 
わたしは幸運にも席が良く、きょうは肉眼で綺麗にすべてのダンス曲を見ることができ、一昨日も肉眼で見れてたんやけど、さらに前だったので気に入っているらいつかめらあくしょんとかざびごずおんを良い感じに観ることができました。すけるとんもぐろいんぺいんも、言ってたらきりないけど。
それで、だいすきなドンヘのダンスを、いつも見ることができないドンヘのダンスを、ずっとずっとずっとずっとぜんぶみることができて、大好きな無駄な動きに無駄なターンや手さばき、足さばき、よそ見、力の抜くところと入れるところもうぜんぶぜんぶみることができて、感無量です。
そしてセンステのど真ん前だったので、バイクやらぶとーくや…最終的にはちょきわに関しても、
かなり近距離で観ることができたのです。
ドンヘのダンスのひとつひとつの動きに入れる力の緩急が、見て取れて、そんなに大きく見えないひとつのうごきによって大きく振り乱される髪の毛の軌道まで見えて、わたしは一体こんな贅沢をして良いのだろうかと思いました。そして、
このことを具体的に書くととてもきもちわるいことが今、よくわかりました。
そしてそんなふうにもうくらいつくようにこのチャンスを逃さないとばかりに必死でドンヘを観るわたしにわかったのは、ドンヘの今日のダンスは大いにエネルギッシュで、そして自信に満ちあふれ余裕があるということでした。
彼は踊りながらペンの方さえ見、踊りながらダンサーさんにちょっかいをかけ、嬉しそうに笑ったり。それでいてダンスはキレたまま。あきらかにいままで日本でみてきたドンヘとは異なりました。それはもちろんわたしがみてきたドンヘと比較した話なのでかなり狭い話にはなりますが。ご了承ください。(ちなみに一度韓国でのドンヘについて書いたことがありますが、きょうのドンヘは韓国でのドンヘ以上によかったとも思っています。)
ダンスにはあきらかにいつもよりキレがあり、華やかで、抜くところは抜いて入れるところは入れて、とにかくとても綺麗だった。
前回のウネコン3回だって(席悪かったけど)、DVDだって、初日だってドンヘのダンスばかり必死に追っていました。その時には感じなかった明らかな凄さをきょう感じることができた。別物に見えた。
めちゃくちゃダンス上手かった。
それを観られて、多幸感にうちひしがれて、
さらにこの公演がちゃんとカメラにおさめられていることがしあわせすぎて、わたしのドンヘうちわが前の人に隠されていることなどどうでもよくなりました。
ただひたすらにきょうのドンヘが映像に残るということが嬉しくて、そしてもちろん、きょう入ることができて、この公演を観ることができたことが嬉しくて。
もう何も後悔などないと思った。このまま明日にでも送り出せると思った。なんちって。ほんとです。
でもわたしはまだ来週も2回入るんです。超えられますか?きょうを。

ここで寝てしまいました。
書ききれませんでした。
書ききれないどころか、わたしはドンヘのダンスについてまったく伝えきれていません。こんな言葉じゃ、と思いますが力不足がたたります。
以下続きます。

そしてドンヘ、めちゃくちゃ頭の回転がよかったんです。
どう見ても何も考えてない顔じゃなかった。絶対ちゃんと考えて話してる、あれは。
ボケもツッコミも上手かった。ため方もよかった。タイミングもよかった。ウニョクとのかけあい最高やった。その実つまりウニョクとドンヘはちゃんと同じスピードで頭回転させてたってことで。
2人の息がぴったり合ってる良いMCでした。
日本語ぜんぜん覚えてきていないのは思うところありましたが、それももしかしたら、覚えた日本語の台本で話すだけのMCじゃなくて、ちゃんと毎公演2人の内容のある(なくても)会話を聞いてもらおうと思ってのこと、なのではないかと、勝手に思っています。
前のツアーぐらいの日本語台本覚えられないわけないと思う。これだけの演出準備できて。いつもスパショでみるようなきょどきょどした感じもないってことはちゃんと完璧に頭に入ってる(当たり前なんですけど)ということですから、それだけ今回準備する時間あったってことやから。
少し話がそれましたが、そんなMCで、ドンヘはくるくる頭回転してて、なんだかますますドンヘのことがわからなくなりました。
わからん人やなあと思いながら見つめてたらやたらドンヘもこっち見てました。(ドンヘペンばっかり固まってるところやったからやと思われる)
ドンヘ、端から「ドンヘ、ドンヘ、ドンヘ、ドンヘ、ドンヘ、ビンゴ!!」ってやってるかな。やってたらかわいいな。いや、もっと切ない思考回路してそうやな、ドンヘは。

ドンヘとみんなでSS4ドレミを観ながら、ちょっと踊ってるドンヘをかわいいなーと思いながら、箱の中に顔突っ込んで選んで手突っ込んで取って口にくわえて出したのがドレミやったこと、すごくすごくちゃんとしてるなあと。
たぶんドレミを見せるためにあの箱にはSS4が入ってるんやろうと初日から思ってたからな、まともなことするなあ、と思って
ただ
途中でひょくちえが自分も顔寄せてきて、どさくさにまぎれてドンヘに何か囁いてたので、ドレミを選んだのはドンヘじゃなくて、ひょくちえかな。
ああいうウネはすごく、ねちゃこくて好きです。

5日の感想としては、あとはドンヘがバイクで煙めちゃくちゃかけてきた時に、かけるのをやめぎわに少し見えた表情がすごくすごくすごくすごくうれしそうな笑顔で、わたしはその顔見てすごくすごくすごくすごくうれしかったです。
DたんはMC中もよく客席を見ていて、笑顔を向けたり手を振ったりすごくよくしていて、今まで感じることができなかった、ドンヘは愛想が良いというのを初めて身をもって知りました。こういうことやったんやな、と思いました。
でもドンヘのペンサはなんであんなに切ないんやろう。何考えてるんかやっぱりわからん。

ウニョクはトロッコに乗ってる時ほんとうにほんとうに嬉しそうで、見ててきゅんとした。
あと、バイクの時にバイクにまたがってトロッコスタートした瞬間の別人格おりてきたみたいな表情、これぞウニョク、って感じで。今回ソロがなかったから前ツアーほどウニョクに神がおりてるって思うことはなかったけど(基本的にドンヘをみているからですね、きっと)
あの表情におりてるカリスマがやっぱりウニョクの絶対的魅力ですね。
かっこよくて、言うことない。アホで弱くて、めちゃくちゃチャーミングな内面とあの神がかったパフォーマンス、あなたに誰が勝てるの?と、思います。

2人に関しての感想はこんなものですかね?また思い出したら書きますが。とりあえずあげます。