読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

201509012229

ハルハル、ものすごい速度で過ぎていきますね


なんか取り乱していたキュヒョンさんの話


またギュはよくわからなかった。
出てきて「いらっしゃいませ〜。ぼくは、みなさんのキュヒョンです」
いやいや、違う違う。
わざとだろ。

手を替え品を替え相方の影をちらつかせようとする。
たぶん皆気づいていないと思うよ。
すじゅ現場ではなかなかの割合で実行しているけど、たぶん皆気づいていないと思う。
それでもいいのか。
というか、それがいいのか。
キュミンっぽいな。
じわじわダメージ増。
ボディブロー。

わたしずっとふざけて言ってるけど、
そろそろ偶然じゃすまされないんだからね。

そんなキュヒョンさん、なんかジョインハンズで下にはけるときにぴょんぴょんして手を振っていたり、なんかもうその時点で少し変だった。


最近普段からなんか変なのは、しばしば指をしゃぶったり爪をかんだりしているとか、なんか子どもっぽいんですよね。
ちょっと心配したりもしていますが、タイミングがタイミングなのできっとよほど不安なんだろうと思ってすませているけれど。


そしてトロッコに乗った彼はなんか見たことないくらいテンションが上がってしまっていて、手を振る速度はものすごいし、とにかく落ち着きがなかった。飛んだり跳ねたりピースしたり。ハイになってしまっているキュヒョンさんに、ウニョクがフリスビーのカゴを手渡していました。

戻ってきてレッツダンスでシウォンくんと遊ぶ。
ロックスター、ちょぎわ、ちょぎわの2回目でへこたれて彼は座り込んでしまったのでありました。
座り込んでいる彼に容赦のないKRYちょぎわ。いやいや立つ。嬉しそうなイェソンさんに一回やらせる。
ぎゅうくは耳打ちして二回目で参加。しかしなんかきゅひょんさんのちょぎわ“おちゃらかほい”みたいだった。


あきらかにいつもと違うきゅひょんさんのいつもと同じ挨拶。
いつものこの世の終わり挨拶。フレーズのこの世の終わり感にそぐわない明るすぎる笑顔。そんなに元気いっぱい言われても。

それになにか、他のメンバーは前とは違い、「また来るね」みたいな挨拶で(たぶん具体的に来る予定があるんだろうなと思わせる感じ)、
りょうくもそんなに暗くなくてまたね、みたいなことを言っていて。
なぜプロだけがこの世の終わりなのか
君は三人がいないとこの世の終わりなのか
それとも、トロッコに乗ったりロックスターをしたり、レッツダンスをしたりなんならちょぎわをしたり、そういうステージ構成がしばらくできないから、つまりはそういう、スーパーショー的なことが4年近くできないからこの世の終わりなのか

たしかにぎゅにとってはこれは2年の別れではないのだよね。
3年以上一緒にやれないんだから、この世の終わりなのか、やっぱり。


帰るときも比較的さっさとはけていった。
ウニョクを立てたのか、なんなのか。


また顔色の読めない奴で
でも誰が味の素スタジアムのステージのど真ん中で三角座りして顔を膝に埋めてしまうのか。


やっぱりプロってとんでもなくマンネでとんでもなくマンネでとんでもなくマンネだなと思う近ごろです

そんなに淋しそうにしないでよ。
どんどん我に返っちゃう。数えたくないよ、日なんか。月なんか。年なんか。