読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

201510130000

早いけど上げちゃうね。

ひょくちえ
いってらっしゃい。


◎10月10日
いろいろ書こうと思っていたはずなのにいざ書こうとすると忘れたような感じになるのはなんなんでしょうね。


去年の11月、
未来はこうだと言って、空っぽの客席をアルバムのジャケットにした人。
その時は、まず、あれ?続ける気なの?というのが先に来て、
昔はあんなに、リーダーに寄生して生きていくみたいな口ぶりだったくせに、リーダーのいない間にきっといろいろ考えたんだろう、一緒に寄生する予定だったドンヘも知らない間にすっかり続ける気になっていた。
2人は運命共同体か何かかな。何かなんだろうな。まあこの話はまた別でするとして。

とにかくこのガラガラの客席を、「ガラガラの客席です!!!!」って出してきたことについてこの時は「あぁ」ぐらいの感嘆符で片づけていた。
すっかり先頭を走ってこれからもアイドルを続けると叫んでいる今考えるとこのガラガラの客席は、なんだか。

ガラガラの客席と「ドームツアーをやりたい」の乖離についてはよく考えるのだけど、「ドームツアーをやりたい」って言って真っ先に笑ってるのはウニョクで。「何笑ってるんですか」って言うけどウニョクが一番笑ってる。そう考えると別に乖離してるわけでもないのかなと思う
できないと思う現実的な彼には、
「僕たちふたりであんなに大きな会場を満員にして、会場には青い光が…」
なんて言いながら、その青い光がかならずしも自分たちの色であるとも限らないことも、ふたりで満員にしたわけじゃないことも、よくわかっているはず。

前から言ってるけどウネはカメラが回っていると嘘をつく。
わたしはドンヘがマイクに入らないように地声で「ごめんなさーい!」って叫んだこと忘れないよ?あれは4月5日だったか。

たぶん思ってもない強気のことを言わなくてはならなくて、でもほんとうは2人ともとても現実的で
たぶんあの2人が、あの2人とリーダーが、あの2人とイェイェが、一緒にいるときは、とても現実的な話をしているのではないかなぁと思っている。暗いやつ。くらーいやつ。

まあだからどうしたというわけでもないけど、
でもだからこそ帰ってきたときにちゃんと迎えてあげたいなぁと思っていて。
終わりに残していったあちこちのインタビューを見ては思う。不安をとりのぞいてあげることなんて不可能だし、わたし一人になにができるわけもないけど、でもわたしたちぐらいはちゃんと迎えてあげたいなぁと。
ドームの1回ぐらい埋めてあげたい。
1回は埋まるか。
2回ぐらいは埋めてあげたいなぁと、思う。


◎10月12日
彼の行動「行く」と、
わたしたちの行動「待つ」
それ以上のことをわたしは何も考えないので、だから焦点を絞って言います。
待ってる。

ひょくちえはたぶんだいじょうぶだと思うのであまり心配はしていません。
2年間じっくり曲とコンサート構成考えておいてください。
3人で支え合って、いや、全員で支え合って2年を越えてください。
どうにかなるよ。たぶん。強いから、おすじゅ。
またパワーアップしたひょくちえになって帰ってきてね。
広がるパールサファイアブルーで迎えてあげるきっと。


4月3日からの怒涛のような、6ヶ月と10日。
ウニョクにはたくさん愛をもらったと思っています。
今までのどんな時より、だんとつで、
気合と愛を感じる半年間だった。
いっぱいありがとうって言いたい
あんまり思い出思い出って言うの好きじゃないけど(すべてがつながってると思ってるからそこで区切りたくないというか)
ほんとうにたくさんの思い出をくれたと思う。

そのアイラインごりごりの目で愛おしそうにえるぷを観る姿が衝撃的すぎていつまでも忘れられない。あんな顔して客席見てるんだと思うとなんだか申し訳なくなって、もっと愛さないと、こんなに愛してくれてるのに、ぐらいの勢いだった、おそろしいことに。アイドルヲタク歴16年、突然の受動態。

負かされた。衝撃。


まあとにかくそんな素敵な思い出もあるから大丈夫ってことです。
そんな公演のDVD早く出ないかな。


ひとりひとりちゃんと観ることが大切だとよくわからせてくれたのがウニョクだった。
だからまあいない間は他のメンバーをひとりひとりよく観ておくから、そんな感じでたぶんメンバーがスジュ守ってくれるから、大丈夫だと思うよ、なんて!!!!嫌がるかもしれないけど!!!!(笑)
ウネコン行ってる人間がKRYも行ってることも知ってるんだからあの子たちはきっとそういうことちゃんと考えてると思うけど一応。


凄み失わないでいてね。
ウニョクの凄みがあってSSだからこそ、SSストップするんだからね、ってこんなこと、本人が一番わかってるだろうが。


えるぷの募集にはこう書いた
この1年すごく短かったんだから、きっと2年なんてあっという間
だと。

あっという間に過ぎた1年だったけどほんとうにいろんなことがあって未来が決まった1年だった。
未だにウニョクがどう思って何を考えていたのかはぜんぜんわからないけど、でもどうにか思って何かを考えた、その答えがAlrightだったんだから、
わたしにはもう手に余るほどよくできた100点満点の解答のそれをどうしてもと言いながら作ったウニョクには頭が下がる、下がってしかない。
未来をくれてありがとう。
続けるって決めてくれてありがとう。
楽しないでくれてありがとう。

ひょくちえ大好きだよ!!!!!!!!
健康で、強く、しあわせでいて。
ひょくちえの言ったようにわたしもたぶんしあわせでいるから
2年後また、同じ景色を見てしあわせな気持ちをわかち合おう。

いつもありがとう、愛してる。


とか言って形式張って、わたしは2年ぐらい余裕でウネの分析し続けるからこれからも毎日ウネのこと考えるからな?!覚悟しとけ?!