読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

201608171505

ギュ以外のメンバーを観たのは7ヶ月ぶりだそうです。
びっくりしました。こんなにあいたのは初めてだと思います。

たぶん?だってすぱしょが年に2度とかあったからね??
ギュにばかり何度も何度も会っていた数ヶ月だったらしい。

わたしは、1月のペンミから会ってなかったので、5人になったお兄さんたちをはじめてみました。

大阪でのペンミがどうだったか見ておらず、変化については何も言いようがありませんが、かなり和やかで明るくて、びっくりした。
和やかで びっくりした
(大事なことなので2回言いました)

和やかで(もういい)
1月は和やかでなかったので(言っちゃった)、
なんというか、5人だと和やかなのか、それともなんかまあいろいろあったけれど、落ち着いて和やかになったのか、なんかまあいろいろあったので、結束しなければならず和やかになったのか、わかりませんけれど。

とにかく和やかで、かつ明るかった。
明るかった…
和やかはまだしも、明るかったのは一体いつぶりでしょうか?2年前の10月にはもう暗かったんです。
でもわたしは自然にその明るい挨拶を聞いてのほほーんと笑っていた。
のほほーんと笑っていたので、あんまり覚えていません。

メンバーが少ないので、メンバーごと挨拶ざっくり

りょうく
優しくて、良い男(だっけ?)みんなの彼氏、りょうくでーす♡
とのこと。みん彼も最近封印してたやつを引っ張り出してきたの??
でもわざわざ「優しくて」って自分で言ってくる優しいりょうくちゃん。
「リョウクが来ました!」なりょうくちゃん。
わたしはもう2年の別れをしたつもりだったりょうくちゃん。
まだ金髪のりょうくちゃん。
いろいろ思ったのでまた別記事も上げますが。
挨拶では唐突に「みなさんと出会えたのは、運命だと思います!」って叫んだのでこの世の終わりかと思いました。
りょうくはたぶん、こういうまあどちらかというとホームではなくアウェイなところでわざわざ言いたくもなかったんだろう、それが十分なわたしたちへの挨拶だったのかもしれません。

えーたん
オゲンキデスカ!を、ひさしぶりにききました!
キャーの言いがいのある男、えーたん。えーたんのことも別で書きたいー!!!いや、今回は全員書きたいー!!! 
さて、えーたんは、前の日から言ってたそうですが
「他の人のペンもいると思うので言っちゃあなんですが、僕のツアーのほうが楽しいですよ?」(意訳してます、たぶんえーたんはほんとうはこう言いたいはず)
これをわざわざ言うえーたん。
ほんとにね、もう今イェソンのこういう「空気読めない」という価値がとってもとってもありがたい日々です。
ほかなんか言ったか覚えてない。読んでるな、と思った、たぶん日本語の勉強があんまり捗ってないとみられる(がんばって)

ぎゅ
なんか変だったのでぎゅ本人のことはまた別で書きますが
ストップウォッチで測ってやろうかってぐらい長いこと話していた。
最初の「フー!」のタメ、異常に長かった。
たぶん大阪用に覚えたのであろう「いらっしゃ〜い」がウケなくとも(東京で、かつ明らかに平均年齢がぐっと下がったお客相手にウケるわけないのだけど)、めげたようすもなく、決めてきた台詞を淡々と進めるキュヒョンさん。
「えるぷじゃぱんのみなさん♡…他のグループのファンのみなさん」というこの絶妙な「…」の間、わたしたちへの愛が!!!!重たい!!!!
そしてこのブレない「わざわざえるぷじゃぱん」の姿勢、他ペンにはおもしろいらしく笑いが起きてますが、わたしたちはいたって真面目に目がハート。みつみつのズブズブですね。
ぎゅ「僕たちが出てくるまで待ちくたびれたでしょう?」
えるぷ「ねー」
他ペン「www」
ぎゅ「他のグループのステージも楽しめましまか?」
ぱらぱらと「ねー」
ぎゅ「気分が良くないですね〜」
他ペン「www」
ぎゅ「だって、みなさんは、俺のものだから!!!!!!」
えるぷ「(ドヤ顔やめてくださーい)」
公衆の面前でとても束縛されるえるぷじゃぱんです。お疲れ様です。
ここから突然に「スゴーイ」の話に。
「スゴーイ」の話してる時にメンステ真反対のスタンド下段から男性の「キュヒョーン!」という叫びが。
そしてまさかそれが聞こえるキュヒョン(スゴーイ)
「ん?」ってまた頭にはてなたくさん出してて、もっかいってしたらもっかい叫んでくれてそれが聞こえたのか教えてもらったのかギュ「あいしてる?…男性ですか…」
それをふまえて女性スゴーイと男性スゴーイをしてもらうギュ。たいしてホームでもないのに「スゴーイ」という自分のソロツアーの産物を全員に叫ばせるちょぎゅひょんというひと…。
そのあと、一番日本語がしゃべれるからなのかなんなのか、「えらーいひと」イスマン先生のご紹介を。
いつもやるイースーマンコールをギュがやったんだけどわたしあんまこれ好かんのですが、ギュの目がらんらんと輝いていて怖かった。
で先生が隣のヨン様を紹介しろしろ言ってるのを、彼らはモニターが見えてないからここで一回切ってギュの挨拶終わり。

ヒニム
で、ヒニムがそのまま引き継いでヨン様の紹介に(たぶんイヤモニで言われたな?)
で紹介しながら、メンバーがみんな下手側の大きいモニター覗いていてとてもかわいかった。
そして各所に流れている「冬ソナものまね」ですが、ヒニムが歌を歌い、リーダーがタオル(持ってたことに気づかなかったよ、びっくりした)をマフラーみたいに首に巻いてものまねをする、というやつが、バカウケる。
たぶん、この公演で、この瞬間が一番ウケたと思う。
ではちさん2人で謝って可愛かったです。
そしてだいぶ巻いてるらしく巻いてる感があったけど、ちゃんと「あなたのヒチョルが!」やってくれて、その時にみんなメンバーいっしょににこにこにーしてて可愛かった。みんなしてる!ってなった。かわいかった。かわいかったしか言ってない。

リーダー
巻いていて少女たちの大統領をやり忘れたのか省いたのか。
ポケモンGOできのう捕まえに行ったんですよー?きのう僕につかまった人ー?ってニヤニヤしてておっさんだった。
ボールを投げるしぐさ(スマホ上の)がやたらと猫背でおっさんだった。
そんなおっさんは急ぎすぎて日本語がボロボロになり、ボロボロなのを直せないぐらい急いでいて少しかわいそうで、わたしたちも適当に返事してたら、横からギュが来て「日本語変じゃないですか?」って勢い良くツッコまれてしまったリーダーでした。

まあ挨拶はそんな感じで長くて和やかで明るくて和やかで長かった。


パフォーマンスの話を少し。

わたしは5人で演るソリソリも、ミイナも、デビルも初めてで。
みてどうかしら、とすこし緊張していた部分があったのですが、なんだろう
こう言ってはよくない、点も、ある程度、たくさんあるんだろうけど、でも言わせてほしいんです
みれてよかった、とおもってしまった。
12人でやっていたソリソリを、11人でやっていたミイナを、9人でやっていたデビルを、5人でやるということ。
そしてそれが不本意に5人でやる、つまり生歌でやらなければならない。ソリソリとミイナはまあいつも生歌だけど、人数が減っているということは自分のパートだけではなく、いつもほかのメンバーが歌っているパートを歌わなければならないということで、そしてまたそれらが足されていつもの3倍ぐらい歌わなければならなくなっていたりして。
一度必死に覚えたはずの移動を書き換え書き換え、何人分の役割をしながらすごい移動量でフォーメーションを切り替える。
その歌とダンスと移動と、そして「人数が減ったことを目立たせない」努力。

それに今回は、東京ドームのステージ(トウキョウ、ドームノステージ cv.ドンヘ)でやる、ペンミみたいなちっさいステージじゃなくて見てる人も状況がわかってるわたしたちだけではなくて、もしかしたらいにひょんがいなくなったことだってしらない人もいるかもしれなくて、もともと何人でやってたかなんて知らない人がたくさんいて。
その中でこれがスジュのステージです、ってみせなきゃいけないということと

あと、たぶん、ざっくり言うとお兄さんたちの
えるぷへの執着と愛と

りょうくの最後のステージだということと

そういうのがぜんぶ相まって、みれてよかったとおもえるようなステージになったんだと思います。


一番印象に残ったのはミイナの時に、メンステからスタートしてセンステまで行って、そのあと花道の端までそれぞれ行くじゃないですか。それで、ミイナのフィニッシュをメンステで終わるのに間に合わせるために全員花道の端から爆走して帰ってくるのね。
30超えのおっちゃんたちが、ものすごく速く走って帰ってくるんですよ。
圧巻だった。
スジュだなぁと思った。すごくスジュだなぁと。
そして終わってメンステで挨拶するときに「大丈夫ですか?メンバーみんな大丈夫ですか?」ってリーダーのねぎらいから始まってそれもスジュだなぁと思った(笑)


それとデビルなんですが
わたしたちにとってもメンバーにとっても、たぶんとっても大切な曲であるデビル。
SMTのトリで、りょうくちゃんの最後の曲であるデビル。
りょうくちゃんずっと変な顔で踊っていて集中力がなくて、最後だなーと思いましたが
そんなデビルも、生歌で。
日本語で、生歌で、人のパートまで歌うんですよ。
いつも日本語曲ってダンス曲はかぶせているから、日本語で生歌であること自体きっと大変で、それを人のパートまで歌って人のパートまで踊るってかなり大変だと思うんですよね。
でもそれを今のスジュはやれるんだ、と思って。
今のスジュだから、やれるのかもしれないって思って。



かなりざっくりになるけど、
すごく良かった。
どうなることか、どうなってることか、と思っていたけど、
なんかすごく良い意味で落ち着いていて、焦りがなくて、かつ明るくて、前を向いていて。
安心しました。
たぶん大丈夫だなって、思った。

みんなそうだと思う。
いろんなえるぷの声を聞くけれど、みんな笑ってる、喜んでる。

ひさしぶりに、おすじゅが話しているのを聞いてよく笑って、パフォーマンスに感動して、
そしてお兄さんたちの溢れんばかりの愛を重たいとさえ思えるくらいに受けて。
嬉しかった。


お兄さんたちは、トロッコに乗ったり、花道を歩いたりしながら、一所懸命青を探して手を振ってくれた。 
たぶん、ここまで残ったえるぷはもう、次のスパショまで残れると思う。だって今、こんなにしあわせなんだもの。
状況は最悪なのに。なんでか。しあわせなんです。


嬉しかった。
お兄さんたちが喜ぶなら、東京ドームを絶対に!埋めてあげたいって思った。
久しぶりに思った。やっぱり東京ドームがいい。
お兄さんたちもわたしたちも、この2年たくさん苦しんだ、あと1年もきっとまだ苦しむこともあるだろう、その苦しみを全部ぶつけてSS7はまたみんなで東京ドームで会おう、って。

またバカみたいにもらった愛を投げ返す。


とにかく今スジュすごくいい。
これからどうなるか、そんなことはほとんど不安しかないけれど
でも、なんとかなる。たぶん。
そう思わせてくれたから5人にありがとうって言いたい。
こうしてスジュとえるぷはきっとこれからもどんどんズブズブになっていくんだと思った。